未分類

馬鹿

明日やろうは馬鹿野郎!

馬鹿の語源は秦の始皇帝時代に遡る。

始皇帝亡き後の2代皇帝胡亥は宦官趙高の言いなりだった。

何故なら胡亥は趙高の謀略により皇帝になれたからだ。

ある日皇帝の前に鹿を連れてきて趙高は言った。

「これは馬にございます。」

居並ぶ高官達は驚きながらも沈黙した。

胡亥は言った。

「これは鹿であろう。」

一人の高官は

「陛下 確かにこれは鹿にございます。」

と言い数名は同調した。

他の高官達は沈黙を通した。

ほどなく異を唱えた一人は罪を着せられ殺された。 同調した者もすべて都を追われた。

それ以来誰一人として趙高に逆らわなくなった。

2代皇帝はますますお飾りになったという。

馬鹿 とはこのように恐ろしく愚かなことらしい。

すなわち今日出来る事を明日に先送りする事は恐ろしく愚かな行為なのだ。

人の記憶力は日毎に半減するらしい。

3日先送りしたら1割くらいしか覚えていないわけだ。

今日出来る事は今日やる

ではなく

今やれる事はすぐやった方がいい。

素晴らしい経営者は決まってすぐ動く。

裏返すと即断即決している。

そして彼らは決まって同じことを言う。

「すぐやらないと忘れるから」

すぐやることは決断の数を増やすことに他ならない。

たくさんやれば慣れるしその精度はあがるはずだ。

結局すぐやることはいい事尽くめで先送りは状況を悪化させるだけだ。

今日やるは当たり前

今すぐやろうが良い野郎

と言ったほうがいい。

今 かみさんに言われた。

「今日は何食べる?」

 「うーん お前が決めて」

「なんでそのくらい

 すぐ決められないの!!??」

私は馬鹿やろうでした。